激闘!祖母傾

9月末、祖母山系を走って(歩いて?)きましたので、紹介したいと思います。

祖母山にはいろいろな登山口がありますが、今回は上畑という集落から登り、大障子岩~祖母山~障子岳~古祖母山~本谷山~傾山と駆け抜け下山、ロードを走って再び上畑へと戻るコースにチャレンジしました。

平坦がほぼない(笑)

全長約38キロ、累積標高約4000m

(Googleマップと、ヤマケイオンラインにて)

その過酷さと美しさから、九州屈指とも呼ばれている縦走路のひとつで、一周することを祖母傾馬蹄形縦走と言われています。

↑途中で見えた、ルート上の山々。

縦走意欲を掻き立てられる!かな(笑)

面倒なので、ここからは日記風で!

 

6:50 スタート☆

スタートは、上畑の県道沿い。障子岩の看板があるので、入口はすぐ分かる。

出て500mくらいで少し迷い、早速意気消沈気味(笑)

しかし、すぐさま草を刈ってある道を発見し、リカバリー!そこからは障子岩目指して荒れた急登をひたすら進む!(1000mくらいかな?)最初寒かったのに、一瞬で汗ダク(^^;

所々鹿よけネットがあり、出たり入ったりするので注意が必要。

 

8:35
まずは障子岩通過。
ここからも、ハードなアップダウンの繰り返しで、ほぼ走れず。しかし、それもまたよし!


今回は、友人の高野君が付き合ってくれたので、非常に楽しい山行に☆

 

9:29
大障子岩通過。

ちなみに今日の装備は、UNIQLOの、エアリズム長袖とスパッツみたいなヤツに、ハーフパンツとTシャツ、軍手。インナーにはファイントラックの物を着てましたが、全然寒くなく、なかなかgood!見た目は…?

ここでやっと祖母山が見えてきた。

山小屋下で給水できるので、ガッツリ補給。最終的にに水分は水1.5リットル、オレンジジュース0.5リットル持参し、水場での補給合わせて3リットル消費。

ちなみに食料はザックに入らないので、柿の種1袋、チョコバー3本、あんこのチューブ。(これ、かなり便利)

ガス欠は何とか回避d(^-^)

 

11:08
祖母山到着!山頂からは360°の絶景!

写真撮ってくれた人から、何で山を走るのか聞かれたので、「歩いて行けない山まで行けます」と解答☆

実際理由なんてないですが(^^)

下りはめっちゃ急。

 

12:00
その後は天狗岩に寄り道。今日走る縦走路を一望!

 

12:23

次の山は障子岳。

山頂で食事中の女性から、何でそんなに追い込んでるのか聞かれたので、「挑戦です」と解答。この時点でキツくて、正直何のために追い込んでるのか自分でも分からず(笑)

 

13:00

古祖母山。ほんの少しだけ走れる貴重な場所が!

二人とも、少々お疲れ気味(笑)

その後はひたすら下って、尾平越へ。

今回はかなりのロングコース(標準コースタイム約22時間)のため、ヤマップ、地図、方位磁石、強力ライト持参し各ポイントの通過予定も計算。

コースタイムの50%で予定を立てる。

予定よりかなり遅れてきてる…(泣)

 

14:59

本谷山。ここまでの登り返しは過酷!

15:35

笠松山。楽勝。

ここでついに、ラスボスの傾山が前方に!遠い…(笑)

 

17:16
地獄の登り返しを乗り越え、ついに登頂!!絶景を堪能(^^)

しかし、二人の表情が浮かないのは下山の不安であろうか…(笑)

本当の地獄はここからだった。ボロボロの足&日の入り後で思うようにペース上がらず、下山に3時間…(泣)もう写真撮る余裕もなし!
ひとつ言えることは、傾山の水場コースは、荒れてて要注意ということ(泣)

 

と言うわけでトータル14時間くらいかけてこのコースを制覇しましたが、苦しんだ人にしか見られない絶景、達成感を味わえました。

 

体力あれば10時間切ることも可能です。我こそは!と言う方は是非チャレンジしてみて下さいd(^-^)
このコースは、本当オススメです♪
筋肉痛必至(笑)

 

※だんだん日が短くなってきてるので注意が必要です。