瀬戸内アイランドトレイルin呉・とびしま(レース)

レース当日は雨の予報がはずれ見事な晴天!コースは21キロの低山のアップダウンコース。(図は拝借していいかわからず手書き。詳しく知りたい方は瀬戸内アイランドトレイルのホームページをチェックして下さい!)


 ザックはこんな感じです。


ひょっとこ堂のエナジージェルを初めて補給しましたが、ジェル独特の甘ったるさもなくとても食べやすかったです。低GIタイプもあり大活躍間違いなし!

補給食の準備はバッチリでしたが、ソフトフラスクを忘れて・・・

急遽ウィ◯ーゼリーの容器で簡易ボトル!

ザックはサロモンの

S-LAB SENSEULTRA SETを使用。

ソフトフラスクを入れるところは伸縮性があり簡易ボトルも入ってくれました。ベストタイプでブレもなく走りやすいです。

スタート前。


ロングコースはエントリー時にフルタイムのベストタイムを申請します。

タイムによってAグループとBグループに分かれて15分差でスタートします。

私はAグループでスタート。最初はロード海沿いのロード1kmほど走ります。

ロードレースのようなスピード。このペースでいかないとこの先の階段で渋滞になってしまうからです。

こんな感じで渋滞。


階段続きで地味にきつい…しかし振り返ると絶景が広がります!


 七国見山山頂を過ぎるとくだりが続きます。

足場は落ち葉がありふかふか。

木段が落ち葉で隠れている事もあるので注意!

第1エイドに到着。

レモン羊羹、デコポン、しそジュースと地元の特産品。

 ロードからのトレイルへ。


木陰もあり気持ちいいコース。奥山山頂を過ぎると急な下り。

ここのくだりも木段が落ち葉で隠れていました。

くだりの苦手な私には辛かったです。

好きな方は滑るように走られるのでスリルもあり爽快だと思います。

 第2エイドでは前夜祭で知り合った方がいらっしゃいました。名前を呼んで応援していただき嬉しかったです。

 ここから海の見えるロード区間。思わず立ち止まり記念撮影。


海をみながらトレイルレースなんてとても贅沢です。

トレイル入り口ではゲストランナーの平山さんがランナーを見送られていました。

ロープを使わないと登れない。腕の力で乗り切りました。

奥宮俊祐さんのサインいり看板。

イノシシ穴は結構大きかったです。


 ここから第3エイドまでは後者のランナーとすれ違う区間。

譲り合いながらすすみます

 第3エイドは第1エイドと同じです。

今回レースを楽しむ予定でしたが、後ろから女性ランナーが。負けず嫌いな私はここからかけ引きしながら走ります。残り約7キロ。ロードがメインとなります。

肩を並べながらの並走。ラスト3キロとどめのトレイル。ここでラストスパート。

しかし、予想外にのぼりが急。くだりきったら砂浜を100mほど走ります。足が沈んでなかなかすすまない。ラスボスみたいな区間をのりきるとゴールです。結果は逃げ切って3位。楽しく走れました。


 終わった後は海の見える芝生でリラックスタイム!


 

残念だったことは、追い越し時声かけがなかったことです。

追い越す時には前のランナーに声をかけますが、声かけもなく通っていかれました。

もし前のランナーがハイカーやトレラン初心者の方なら恐怖を感じます。

トレイルからはみ出し植物をふみつけ山を傷つける可能性もあります。

トレイルランがマイナスに捉えられている要因の1つでもあると思います。

今回の遠征でたくさんのことを感じ、ふれることができました。

2日間濃い時間を過ごせました。

レースはキッズ、親子、ショート、ロングがあり家族でも楽しめます。

来年のエントリー候補にいかがでしょうか?