錦江町でんしろうトレイル

はさんじゃうぞ~♪

台風の為中止続きで三度目の正直でレースに参加(^^)v

九州の若手チーム91mountain‘sと最初から最後まで大会を満喫してきました!

錦江町は大隅半島西部にあります。

移動距離はありますが、移動時間も旅の1つ!

綺麗な海の奥には桜島に開聞岳も!

久しぶりに会った仲間との話は盛り上がり、寄り道してソフトクリーム♡

受付後はいい大人が滑り台で大はしゃぎ。笑

前夜祭からわいわいがやがや!

(前夜祭あってのトレランレースと言っても過言ではない!?)

初トレイルという方からバリバリ走られている方まで、話を聞くと面白いし勉強になります。同じ九州でもイントネーション、方言が違ってまた面白い!

美味しい料理に美味しいお酒を満喫♡お腹も心も満たされました。

食後の運動?笑

今回の装備

ソールが薄いシューズは痛いかもと聞いていたので程よい厚さのasicsのゲルフジアタック。このチョイスは正解でした!

コース(30㎞のでんしろうコースに出場)

トレイルは少なめのコースになっていますが、山の中は様々な景色にトレイルコースが楽しめました。

当日は寒波到来!寒くて91mountain‘sは布団から出てこない。笑

防寒対策としてアームカバーと手袋を装着、お腹に貼るカイロ。

くわがたガールズとでんしろう君も!

スタートして7kmはロードと林道。ずっとのぼります。

いよいよトレイルコースへ。その前にエイドで腹ごしらえ。くわがたガールズもお出迎え!

コースにはたくさんの滝

謎の赤いキノコ?

苔の緑が綺麗

後半のトレイルでは似たような景色が続き迷路に迷い込んだ状態に…

ちょうど知り合いと一緒になり3人でプチ冒険。笑

風が強くコーステープが飛ばされている箇所もありました。山の中にいても冷たい風が吹き、息が白かったです。

稲尾岳の折り返し区間ではほかの選手とすれ違うので声をかけあったり、ハイタッチでパワーをもらいます。

折り返してからはくだり基調。

高低表にあるほぼ垂直のところは苔むした岩が多く、先ほどまでのトレイルとは別物!

くだりが苦手なので恐る恐る進みました。

行きにのぼってきた林道を下るとゴール!

林道はでこぼこしていましたが、ゲルフジを履いていたので足の裏も痛くなく気持ちよく走れました。

30㎞の中に色んな要素が詰まったコースでした!

赤いキノコ?の正体が気になりますが…

頂いたメダルのモチーフはヘツカリンドウ

花びらに蜜線があり、本土ではあまりみかけない花でこの山にも咲きますよ。走っていたら気づかないかも…と地元の方が教えてくださいました!手作りメダルは世界に1つだけ♡

魔王は少しずつ飲みたいと思います!笑

はさんじゃうぞ~♪はさんじゃうぞ~♪

あなたのハートを

はさんじゃおっ!

こんな感じで91mountain‘s×くわがたガールズのコラボまでやっちゃいました。笑

本家に凄いとお褒めの言葉を頂き来年は衣装を貸していただけるという事。

パワーアップしてまた錦江町にいきたいと思います!

このレポートを読んで頂いたとおり、走るだけが大会ではありません!

言葉では表せないくらい楽しい大会です。是非、皆さんもこの楽しさを味わってみてはどうでしょうか?

追記

全国でたくさんのトレイルレースが開催されています。

明るいニュースもあれば、悲しいニュースもあります。

大会だから…整備された登山道だから…全てのコースを安全に行けるという訳ではありません。

いつも危険と隣合わせです。コース上には足場が狭い所、滑りやすい所、崖のような所など様々な所があります。

山=『楽しい場所』にするためには

頭の中に必ず山には危険もあるという意識と、様々な装備を持って山に入って欲しいです。

トレイル関連グッズを扱うお店も増えているので、装備は店員さんに聞きながら買うのもいいと思います。見た目で決めがちですが、実用性が大事です。

アウトドア講習などで知識や技術を身に着けるのもいいと思います。

私もまだまだ知らない事だらけです。

これからも山をはじめ、たくさんの自然と触れ合っていきたいので勉強していきます。そしてもっと好きになって、たくさんの方に伝えていきたいです。