冬山にお薦めのアイテム☆

FB_IMG_1485259222190
九州にも本格的な寒波がやって来て、山にも雪が積もってきました。
寒さに負けて山行を躊躇してしまいがちですが、今しか見ることのできない景色、遊びがたくさんあります。
寒さ対策でしっかり着込んでいっても、動けば汗もかくし、止まると寒い。風が吹けば体温はどんどん奪われ、低体温症にもなりかねません。
今回は超個人的にトレラン女子へオススメの冬山アイテムを紹介しますので、快適に遊べる参考となれば幸いです。

①ブレステックPP(オンヨネ)
20160305_194836
冬山の大敵は汗冷えです。汗をかかない程度にウェアリングを調整することが理想ですが、夢中で登ったりしちゃうと直ぐに汗だくです。
今どき普段のブラ&ショーツで運動する女子はいないと思いますが、汗冷え対策にもインナーには絶対こだわってください。
いろんなインナーがありますが、お薦めはオンヨネのブレステックPPシリーズです。
軽くて保温性があって汗をすぐに排出するので肌に残らず、ゆとりのある着心地で快適です。
ノースリーブ、半袖、長袖があるので、季節や気温によって使い分けています。
ちなみにブラタイプはアンダーのゴムがきつめなので、インナーの上から着用するとゴムあとが残りにくいです。
ショーツはハーフタイツとトランクスがあり、ハーフタイツは上から履くパンツが汗で張り付くのを防いでくれます。
トランクスは足周りがゆとりがありすぎるので、個人的にはビキニタイプを熱望します。
もちろん冬に限らず、気温の変化の大きな春秋、たくさん汗をかく夏にも大活躍します。

②メリノエアフーディー(パタゴニア)
20170124_200405
インナーの上に着るミドルレイヤーとして、メリノウールを選ぶ方は多いと思います。
汗の冷たさを肌に伝えにくく、防臭性もあり、暖かいからです。
その中でも私のお気に入りは、パタゴニアのメリノエアフーディーです。
これを着ていると普段着のセーターと間違われることもありますが、ちゃんとアウトドア用です。
空気を含むように編み込まれているので、空気の層のおかげで暖かく、汗をかいても通気がいいので熱がこもりません。
上から防風のアウターを着れば、風も通さず暖かさがキープされて雪山もへっちゃらでした。
ネックウォーマーのように鼻まで覆えるし、フードまで被れば目出し帽のようになります。
ネットに入れて普通に洗濯できるし、お手入れも簡単です。
ただ木の枝にひっかかりやすいのが残念です。

③スキンメッシュソックス&パワーメッシュインナーグローブ(ファイントラック)
20170124_200917
ソックスとグローブにもインナーがあるんです。
足先や手先など末端は冷えやすく温もりにくいので、感覚がなくなる前になんとかしたいところです。
ソックスは雨の日や汗をかくときにインナーがあると、足裏がしわしわになりにくく、マメ対策にもなります。
2枚重ねることになるので、シューズのサイズは大きめじゃないと辛いです。
グローブは単体で使うと透け透けでなんだかいやらしい感じですが、手に汗をかきやすいけどちょっと寒いときは通気がよくて快適です。
繊細で穴が開きやすいので取り扱い注意です。

以上、私が身をもってお薦めできるアイテムです。
他にも色々知りたい方は、是非SKYTRILのSOさんにご相談されてください。

2017-01-24 00.14.31
動物の足跡だけしかない雪のトレイルに初めて踏み入れるワクワク、へッ電にキラキラ光る粉雪、片栗粉のようにサクサクした雪の踏み感覚、下山したあとの温泉の幸福感など、今しか経験できない山の楽しみをこの冬は快適に味わい尽くしましょう!