藺牟田池外輪山トレイル みんなの笑顔編

 

天気は快晴!ポカポカ山日和〜♪ さあ、ロングの部スタート!!

鹿児島県サポート選手のたろうです!!
今回は、12月14日に鹿児島県薩摩川内市にある藺牟田池の外輪山をぐるぐる回る周回レースに出てきました。

距離は1周約6km、累積標高は約600m。
累積標高のおっしゃるとおり、基本激しいアップダウン。ため息の出るような階段あり、手を使って登る鎖場、クライミングゾーンあり、そんな中にちょろっとフカフカ落ち葉のトレイルにたまに見える藺牟田池の景色。 バリエーション豊かで飽きません。スタート地点には美味しいきんかんエイド、ハイタッチをしてくれるNAC(中原アスリート クラブ)の可愛い子供たち、そして温かいボランティアの皆さん。スタートに戻る度に体力をぐっと回復させてショート1周、ミドル2周、ロング3周。僕はロングを走りました^^

藺牟田池外輪山は標高295mにある周囲約4kmの火口湖のこと。片城山(508.8m)・山王岳(496.0m)・ 竜石(460.0m)・舟見岳(498.5m)・愛宕山(485.0m)・飯盛山(432.0m)の6つの山に囲まれています。レースレイアウトの関係で飯盛山と愛宕山はパス。ちなみに全て繋ぐと1周8km、累積800mのコースが出来上がります🤣九州の皆さんトレーニングキャンプ地に藺牟田池どうでしょう?

トレイルの様子はこんな感じ
変にだらだら登り下りがないから、はっきりわかりやすくて僕は好き。
登る→下る→登る→下る。山あり谷あり、人生のよう😂笑

ガンガンのぼるよー!!

 

ガンガン下るよー!!

 

たまにジャンプするよー!!

 

1番の難所は、ここでした。舟見岳への道のりは厳しい・・・。階段キツいっす!リズムに乗れません。みんなゼエゼエ!上なんか見れない。見たらこうなってるんだもんなー。あとちょっとでキンカンが待ってる。あとちょっとで子供とハイタッチ。それを呪文のように繰り返して頑張りました!笑

1周目のスタート地点に戻ると、、、

中原地域の特産品!きんかん!程よい甘みと酸味が絶妙で運動中の行動食に抜群!ビタミンチャージで元気モリモリっす!

 

スタート地点に戻ると毎回たくさんの子供たちが、ハイタッチをしに出迎えてくれます♪子供の笑顔って最幸ーーー😁後夜祭にも来てくれたゆいと君とひなちゃん。応援ありがとね^^

 

みんなが笑顔で応援してくれるので疲れもぶっ飛び、元気に次に迎えます♪人がたくさん集まっている場所に戻ってこれるのって安心感があって、周回レースの良さだなぁと思いました😊

 

一周する度にマイクパフォーマンスで応援、笑わせてくれる高木さん。実は足の調子が悪いなぁって方は、レース中マッサージも受けられます!自営業で整体院を営むこうたくんのマッサージ!次は絶対受けたい!笑

 

みんなの笑顔を受けて、選手もみんなニコニコでゴール😁

ゴール後の豚汁もうまかよーーー☺️

 

TRAQリーダーのあきちゃんは内山さんとのんびり楽しんでゴーーール!!

僕はゴール後に気づいたのですが、、、
皆さんこれ知ってますか??「いむた乙女」👇
これもキンカンと一緒にありました!!

原型を見てないのであきちゃんの写真を拝借!!これめちゃめちゃうまい。見た目はシンプルな紫芋の大福を想像しますが、生クリームが入ったうような濃厚な洋風大福(僕のイメージ)。とにかくいめっちゃうまかった!

 

のどかな藺牟田池の風景、綺麗なお山は飯盛山。次は登りたいなー

 

ゴール後は地元の方々と楽しい後夜祭😄

選手みんなの料理を作ってくれた皆さん。愛情たっぷりの料理ほどうまいもんはない!!朝早くから夜遅くまで本当にありがとうございました♪

身がほろほろの豚軟骨の鍋。美味しすぎた!

 

鹿児島&宮崎名物!鳥刺し♪

 

ローストビーフまで・・・レース後は、やっぱ肉だ^^

他にもたくさんの料理が並びました♪
美味しい料理と美味しいお酒、そして明日は日曜日という幸福感!!
トレランの大会では珍しい後夜祭!素敵です!

選手と地元の方が混ざり合って、大会の反省から来年の目標、他愛もない話まで。地元目線、選手目線、運営目線。いろんな目線の意見が聞ける素敵な時間。

 

疲れた体にビールが沁みる。宴会は延々と。夜な夜な2時まで続いたとか・・・!!笑

 

最後に・・・高木さんのこの日の相棒はコレでした♪🤣
#ピエトロは人を笑顔にする
#ピエトロは人を幸せにする
#ピエトロ男子

楽しい時間はあっという間。
今年最後のレースが終わりましたー
九州最高!!鹿児島最高!!藺牟田池最高!!(終)

写真は大会フォトグラファー
@photo by うっちーさんこと内田洋さんの写真を使わせてもらっています。