第7回 10時間耐久石段チャレンジ

はじめまして。

TRAQサポート選手(宮崎県)の山口玄人です。

初投稿です、よろしくお願いします!

 

今回は「10時間耐久石段チャレンジ」を紹介します!

毎年年末開催で、第7回の昨年は12/21(土)でした。

(参加してからひと月以上経ってしまいました…)

 

名前だけでもうインパクト大で面白そうなこのイベント。

その名の通り、石段を10時間で何往復できるかチャレンジするもの。

しかも会場はただの石段ではなく、なんと、「日本一の石段」なんです!

日本一の石段

 


【日本一の石段って…?】

熊本の美里町にある3333段の石段で、正式名称は「釈迦院御坂遊歩道」。

段数が日本一ということらしいです!

あの有名なこんぴらさんでも1368段なので、その約2.5倍!

それを10時間昇り降りし放題!こんな幸せってないね!


 

10時間という長丁場なため、スタートは日の出前の朝6時。

ただ時間内なら途中参加・終了自由なので、遠くの人でも安心です。

実は私も少し遅れて行きました。笑

来年は集合写真に間に合いたい(写真はTRAQフェイスブックより)

 

昇り始めると、ひたすら石段。

石段、石段、また石段…。

心ゆくまで石段を堪能できます!

石段とじっくり向き合える贅沢な時間

 

これだけ段数があると、高さも距離もなかなかのもの。

高低差は620m、往復の道のりは4km

1往復で500kcalも消費するらしいです。

短区間だけど走れるトレイルもあったりするのでやや距離が長め

 

ところでこの石段、昇っていると、ところどころで石が変わっているのに気がつきます。

これは日本各地から寄贈された石を使用していたり、さらには世界各国の御影石も使っていたりするため。

中国、韓国、インド、アメリカ、南アフリカなどなど…。

インド産の赤御影石。世界を感じる!

三千段目付近は旧ソ連でした。歴史も感じる!

 

昇って昇って、石段の後半は、ずーっと林の中が続きます。

が、ラスト200段くらいになると途端に空が覗いてクライマックス感が!

青空が綺麗。晴れてて良かった!

 

昇り切ると、期待通りの立派な石碑が待っています!

こういうのを見ると疲れが和らぐ気がする。

TRAQメンバーの折野さんと

 

イベント的にはここで折り返します。

このままさらに1kmほど進むと、この石段の正式名称にも入っている釈迦院というお寺や展望台もあるみたいです。

今度行ってみたい。

 

昇ってきた長い長い石段を下り切ってスタート地点に戻ったら、やっとオアシス!エイド!

このイベントのエイドは参加者みんなの持ち寄り方式。

九州外からの参加者もちらほら見えて、各地のお土産もあったりしてホームパーティ感満載のこれまた楽しいエイドでした!

疲れて食べるお菓子がまた美味しいんだ

 

こんな感じの素敵な場所を6-16時の10時間楽しみ放題なこのイベント。

トップはどれだけ往復していたのかというと…なんと10往復!!

1時間で1往復をコンスタントに…すごい…

私は7往復でフィニッシュでした。今年は目指せ8往復!

記録証も発行してもらえます

 

ちなみに…

日本一の石段でのイベントといえば、もう一つ、レッドブル白龍走もありますよね!

こっちは6月開催で、頂上まで一気に駆け上がる大会。

10時間も同じところを昇り降りはちょっと…って人にもオススメです!笑

来月あたりに次回のエントリーが始まるかも?

(昨年は2/22エントリー開始でした)

優勝すると石段脇の石碑に名前を刻めますよ!

 

ちょっと話がそれましたが、そんなこんなで楽しい楽しいイベントなので、今年の締めには皆様石段、いかがでしょうか??

何度も往復しているうちにいろんな人と何回もすれ違うので、知り合いが増えるのも魅力の一つです♪

翌日から4日間筋肉痛が抜けなかったのはひみつです